just a diary

2012年 02月 11日 ( 3 )




今期のドラマ

2012年冬ドラマ。
正直始まる前から「これ見たい!」って思うのが一つもなかった。
でもまぁ、何も見ないものつまらないので、何か見よう、と。

ちょっとでも興味そそられるものは初回録画して、
結果残ったのがこの4本。

「ハングリー!」
これは実は1、2話録り忘れたので3話からの視聴。
ムカイリのプロモーションドラマですかって感じですが
まぁなんとなく見てる。でももういいかなって感じもする。

「聖なる怪物たち」
ドロドロ好きなので一番楽しみにしていたが
なんだかなぁ~。ちょっとパンチが足りないというか…
まぁ好きな俳優が全然出てないというのもあるけど。
今後の展開に期待。

「最後から2番目の恋」
ありえねえファンタジーだな…と若干イライラしながら見てる。
淋しい大人、がテーマなわりにまず主人公に悲愴感がまったくない。
職業がドラマプロデューサーで、鎌倉の小洒落た古民家に引っ越して、
おとなりさんに中井貴一と坂口憲二?!はい?!
…ま、ファンタジーだとわりきれば楽しめます。

「早海さんと呼ばれる日」
松下奈緒とイノッチ夫婦がなんだか気に入って見てる。
兄弟たちがあまりイケメンすぎないのがリアルで良い。笑

…ここまでまとめてみると不満多いな…
でも文句言いながら見るのが楽しかったりする。

なんだかんだで一番面白いのはNHKのビバヒルかと。
そちらはまた後日。
[PR]



by cider09 | 2012-02-11 16:30 | ドラマ

「Ricky」

a0257796_14245196.jpg


『8人の女たち』のフランソワ・オゾン監督が描くファンタジー。娘のリザとふたり暮らしのシングルマザー・カティ。勤め先の工員・パコと恋に落ちた彼女は、彼と暮らし始め赤ちゃんのリッキーにも恵まれる。そんなある日、リッキーにある異変が起きる。

まぁその異変ってのが羽がはえてくるってことなんですが。
その肝心の羽が妙にリアルで気持ち悪いww
内容もシュールで全体的に重い雰囲気。
ファンタジーだけどファンタジーらしくない。
[PR]



by cider09 | 2012-02-11 15:04 | 映画

「クレアモントホテル」

a0257796_19284086.jpg


英国の人気女性作家、エリザベス・テイラーの原作を映画化した感動作。老いた人々が終の棲家として集うクレアモントホテルにやって来たパルフリー夫人と、作家志望の青年・ルードヴィック。ある日、ロンドンの街角で偶然出会ったふたりの交流を描く。

一言で言えば老婦人と青年の心温まるお話…?
青年ルードヴィック役のルパート・フレンドがイケメン。
しかしオーランド・ブルームに似すぎている…。
[PR]



by cider09 | 2012-02-11 15:00 | 映画
ただの日記
by cider09
プロフィールを見る
画像一覧

検索

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧